田辺市高齢者複合福祉施設 たきの里

事務局

社会福祉法人田辺市社会福祉事業団の概要

性格

田辺市が設置した田辺市高齢者複合福祉施設たきの里を効率的かつ効果的に管理運営するために設立された社会福祉法人です。

目的

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援すること、及び、田辺市における社会福祉事業の推進を図り、福祉の向上と増進に寄与することを目的としています。

設立

平成8年10月24日

事業内容

現在の「田辺市高齢者複合福祉施設たきの里」の一部を占めています「養護老人ホーム千寿荘」は、昭和38年から田辺市立の直営施設として田辺市神子浜において運営されていました。この施設の老朽化により改築が必要となったため、老人福祉法により位置づけられた養護老人ホーム、ケアハウス、デイサービス等の複合福祉施設を設置することが田辺市において計画され、田辺市たきない町に平成9年3月に完成した「田辺市高齢者複合福祉施設たきの里」を運営しています。

沿革

平成9年4月1日 「田辺市立養護老人ホーム千寿荘」 定員70名の受託運営開始。
平成9年6月1日 「田辺市高齢者複合福祉施設たきの里」竣工。下記事業の受託運営を開始。
・養護老人ホーム千寿荘 定員70名
・ケアハウス神島 定員15名
・老人デイサービスセンター 定員15名
・在宅介護支援センター
・地域福祉交流センター
平成12年4月1日 介護保険法施行に伴い定款変更のうえ次の事業を開始。
・指定居宅介護支援事業
・指定通所介護(定員15名を20名に増)
平成13年6月1日 養護老人ホーム千寿荘 定員70名から76名に増床
平成15年3月24日 身体障害者福祉法による指定居宅支援事業者の指定を受けた田辺市から次の事業の受託運営を開始。
・障害者デイサービス事業
平成17年4月1日 受託方式により運営していた指定通所介護事業を事業団の自主事業に移行。 また、指定通所介護の定員を20人から25人に増。
平成18年9月1日 田辺市高齢者複合福祉施設条例第8条の規定により、田辺市高齢者複合福祉施設たきの里の指定管理者として、田辺市の指定(~平成23年3月31日)を受ける。
指定管理業務:養護老人ホーム、ケアハウス、地域福祉交流センター
平成18年10月1日 養護老人ホームの制度改正により、定款変更のうえ次の介護保険事業を開始。
・指定特定施設入居者生活介護(外部サービス利用型、介護予防を含む)
・指定訪問介護(介護予防を含む)
平成21年4月1日 指定通所介護(定員25名を35名に増)
平成28年4月1日 指定通所介護(定員35名を25名に減)

情報公開

開示情報

決算報告・事業報告

 

Adobe Reader PDF書類をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Adobe Readerをインストールして下さい。
Adobe ReaderはAdobe社のサイトから無料でダウンロードできます。



トップページ施設案内ケアハウス神島周辺環境交通案内事務局

社会福祉法人田辺市社会福祉事業団  田辺市高齢者複合福祉施設たきの里

〒646-0015 田辺市たきない町22番1号  TEL 0739-26-4830 FAX0739-26-8970